2008年01月24日

輪ゴム



正解は ○  です。

大正6(1917)年、現在の株式会社共和の前身、共和護謨工業株式会社の創業者西島廣蔵が自転車のチューブを輪切りにしたものを考案した。これが輪ゴムの誕生といわれています。
日本銀行が紙幣を束ねるのに採用したそうです。
原料はその後アメゴムに進化し、今の輪ゴムになりました。

私はそんな歴史も知らずに、自転車チューブを輪切りにして、輪ゴムとして使っておりました。
株式会社共和は今でも自転車のタイヤ・チューブメーカーです。
輪ゴムはもちろんトップメーカーです。
茶色っぽい箱に丸い穴が開いたパッケージは誰もが知っています。
posted by fiets at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。