2008年03月13日

SIS



正解は

「シマノ インデックス システム」

です。

1984年、ニューデュラエースがSISになりました。
それまでは、ジュニアスポーツ車や2段・3段・4段のグリップシフト(会社名ではない)などで使われていたインデックスシステムでしたが、本格スポーツサイクルでは画期的でした。
シフトといえば指先の感覚でするものだったのが、SISになると誰でも確実にギアチェンジができるようになりました。
フリクションからインデックスへ、翌年シマノは市販に踏み切ります。

STIが発表されるまで、シフトはWレバーでしたが、こんなに楽にギアチェンジができるものかと驚かされたものでした。

国内国外のメーカーも追随しますが、時すでに遅し、ロードレーサーに乗る人たちはすでにシマノのSISを手にしていました。
サンツアーのインデックスシステムはアキューシフトといいました。
覚えている人はほとんどいませんね。それくらいSISが突き抜けていました。

今、Wレバーなどのレトロブームのようですが、フリクションのWレバーはあまり残っていません。
SISが出てからというもの、みんな捨ててしまったようです。
posted by fiets at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。