2008年03月18日

公害



昭和14年(1939年)暮れに起こった平塚市での集団中毒事件は、ある自転車屋が原因であることがわかりました。

自転車屋は裏庭に「マンガン乾電池」を捨てました。
地面の中で腐蝕した乾電池からしみ出たマンガンは雨水に溶け、地下水(井戸水)に流れ込みました。
その井戸水を飲んだ住民が次々に倒れ、中毒症状を起こしました。
その結果、2名の方が死亡しました。


今でも神奈川県では使用済み乾電池の回収については気を使っています。
相模原市でも、第1・第3水曜日には「乾電池の回収」日となっています。(再来の地域)

忘れ去られた歴史ですが、
気をつけましょう。

  
posted by fiets at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90069564

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。