2008年03月19日

路側帯



正解は

「双方向通行できる」

です。

路側帯には広いところも狭いところもあります。
狭いところでは、双方向などとても通行できません。
歩行者がいれば一時停止するか徐行しなければなりません。
そう、路側帯とは簡易歩道といえると思います。
歩道との違いは、自転車だけでなくほかの「軽車両」もここを通行できることです。

車道が狭い場合以外は自転車としてはできるだけ通行したくないですね。
いずれにしても、「車道でもなく歩道でもなく」変な通行帯ですね。

そして面倒なのは、この路側帯、あと2種類あるのです。


「路側帯2」につづく
 
posted by fiets at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。