2008年03月21日

路側帯3



正解は

「自転車は双方向通行可」

です。

この路側帯は「駐停車禁止路側帯 」と呼ばれています。
車両は路側帯の内側に入って道路の端から0.75mの間隔をあけて駐停車しなければならないのですが、この「駐停車禁止路側帯 」では、駐停車が完全に禁止になります。

自転車の通行に関しては1本線の路側帯と同じです。

だんだんわからなくなってきましたか。
これが現実の道路交通法です。

さらに路側帯に似てまったく違う「車道外側線」というものについて次に考えてみましょう。

  
posted by fiets at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、路側帯(車道の右側)をママチャリで走っていたら
対抗してきたロードレーサーに「自転車は左!」と罵られました。
相手はよけようともしないし、商店街の中で店の看板等が道路をふさいでいたので私は自転車を止めて譲ったにもかかわらずです。
頭にきたのでいろいろ調べてこのページなどを拝見しました。

自分は自転車の交通ルールなんて気にしてなかったし、譲り合いとか気配りで通行すればいいやと思っていましたが、
あのロードレーサーのみたいに
「自転車は左」と一つ覚えのバカがこのページを見て考え直してくれればいいなと思います。
Posted by ためになりました! at 2008年08月16日 18:46
歩道も同じですが、やはり片側通行が安全ですから、路側帯でも歩道でも左側通行をするべきだと思います。
相互通行をできる事が可笑しな法規のように思います。
Posted by at 2009年03月01日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90317674

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。